クラッチの確認

踏み込みの確認もしましょう。

エンジンをかけてから確認するポイントがあります。

 

それはクラッチです。

 

クラッチというのは油圧式ワイヤ式があります。

 

クラッチが滑るという表現が使われていますが、これはディスクが消耗してきている状態で、クラッチペダルを踏み込む時の遊びがなくなっているときのことをいいます。

 

調整が難しい油圧式の場合であれば、ギアが入れなくなったり、2速のままでエンジンをかけると、クラッチを踏み込んでいるのに車が動き出したりします。
クラッチの遊びがほとんどない場合であれば、交換の必要性を確認してみると良いでしょう。

 

またギアが入れづらい時には、クラッチカバーに何らかしらの傷のついている疑いがあります。

 

アイドリング状態に足元からゴロゴロと音がして、クラッチを踏み込むと音が消えるような時には、ベアリングが減っているという状態になります。
ワイヤ式の軽自動車というのは1部の前輪駆動車は多少クラッチの調整がききますがワイヤを引っ張ることになりますので、
踏み込みが極端に軽くなります。

 

ということで遊びがあってもが見込みが極端に軽い場合には、滑っているクラッチを調整した。
改造車といえるでしょう。ワイヤ式は調整しすぎると走行中にクラッチワイヤがいきなり消えるということもあります。

 

自動車販売店の友達のサイト紹介、車を下取してもらう時には是非活用してください。

 

クラッチが調子悪い時は車の買い替えも検討が必要です。ディーラーに相談してみましょう。

11/27